BMW X6 (F16)

BMW X6 (F16)とは?

BMW X6 (F16)は、2014年に発売されたBMWのSUVクーペです。X5をベースに開発されており、スポーティな走りと優れた実用性を兼ね備えたモデルです。エンジンは直列6気筒ターボ、V型8気筒ターボの2種類が用意されており、駆動方式はAWDが標準です。燃費は10.8km/L~8.7km/Lです。価格は9,990,000円~15,490,000円。

初代X6は2008年に登場し、SUVでありながら、その独創的なクーペスタイリングと高いパフォーマンスで注目を集めました。その後、2014年には2代目となるF16型が登場し、より洗練されたデザインと先進的なテクノロジーを備えたモデルとなりました。

BMW X6の最大の特徴は、スポーティな外観と力強いエンジンです。シャープなボディラインとダイナミックなフォルムが、その存在感を際立たせています。また、各グレードに搭載されるエンジンは非常にパワフルで、加速性能や走行安定性に優れています。

内部では、BMWらしい高品質なインテリアが広がります。快適なレザーシートや先進的なドライバーアシスタンスシステム、最新のエンターテイメントシステムなど、豪華な装備が満載です。さらに、広いキャビンスペースと多機能の荷室は、長距離ドライブやアウトドアにも最適です。

現在では3代目のX6(G06)が発売され、2代目X6(F16)の中古価格も新車価格の半分を切る個体も結構な数見かけるようになってきました。

BMW X6 (F16)を詳しく見ていこう

BMW X6 (F16)のスペック

グレード名 排気量 エンジン 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式 燃費 新車価格
xDrive 35i 3.0L 直列6気筒DOHCツインパワーターボ 306ps/400Nm 8速AT 四輪駆動 10.3km/L 898万円
xDrive 50i 4.4L V型8気筒DOHCツインパワーターボ 450ps/650Nm 8速AT 四輪駆動 8.6km/L 1185万円

エンジンは、3.0L 直列6気筒ターボ、4.4L V型8気筒ターボの2種類が用意されています。トランスミッションは、8速ATを採用しています。

駆動方式は、BMW xDrive(BMWの四輪駆動システム)が標準装備されています。xDriveは通常は前輪駆動で走行し、必要に応じて後輪に駆動力を配分するアクティブ・アクスルドライブを採用しています。

エクステリア

大きさは全長×全幅×全高=4925×1990×1700mmでホイールベースは2935mmと、見た目はスポーティでカッコ良いが車幅はかなり広い。

BMW X6(F16)のエクステリアは、ボンネットからルーフ、リアエンドにかけて傾斜したクーペスタイルとなっており、その全体的な見た目から洗練されたスポーティさを醸し出しています。躍動感あふれるデザインと大胆なプロポーションが特徴であり、その存在感は一目で分かります。

フロントフェイスは、ダイナミックなダブルキドニーグリルが目を引きます。その光沢のあるフレームには、クロームアクセントが施されており、高級感を演出しています。ヘッドライトはシャープな形状で、LEDテクノロジーを駆使して明るくクリアな照射を実現しています。

サイドビューは、長いホイールベースと短いオーバーハングが特徴で、BMW X6の力強さとスポーティさが際立ちます。低くスローピングしたルーフラインと大胆なショルダーラインが融合し、ダイナミックなプロポーションを生み出しています。また、大型のアロイホイールとマッスルラインがスポーティな印象を一層引き立てます

後ろから見ると、幅広いショルダーラインと独特のテールライトが特徴的です。テールライトはLEDテクノロジーを採用し、鮮明でアグレッシブな光り方を実現しています。また、デュアル出しのエキゾーストパイプはパフォーマンス志向を象徴しており、迫力あるリアビューを演出します。

エクステリアには、様々な先進技術が採用されています。例えば、キドニーグリルはアクティブグリルとして機能し、走行状態に合わせて開閉することで空力性能を向上させています。また、ヘッドライトにはLEDが採用され、優れた視認性と省エネ性を実現しています。

先代モデルと比較すると、2代目X6(F16)ではよりスリムなヘッドライトとテールライト、さらにダイナミックなデザインが採用されています。先代と比べて車体は幅広く、全体的なサイズも大きくなり、より迫力ある外観と存在感を持つモデルとなりました。

インテリア

BMW X6(F16)のインテリアは、洗練されたデザインと高品質な素材で装飾されており、快適性と高級感を兼ね備えています。ドライバーと乗客は、上質な空間で快適なドライブを楽しむことができます。

インテリア全体の見た目の特徴としては、モダンなデザインと高度なエルゴノミクスが融合しています。質感の高いレザーシートと木目調やアルミニウムのアクセントが絶妙に配置され、上品かつスポーティな雰囲気を醸し出しています。

運転席はドライバーにとって理想的な環境を提供しています。快適性と操作性を両立させるために、シートの形状や調整機能が工夫されています。また、ダッシュボード上に配置されたインフォテインメントシステムは、直感的な操作と豊富な機能を備えており、ドライバーの集中力を高めます。

後部座席も広々としており、3人乗車しても快適に過ごすことができます。また、後部座席には、リクライニング機能やシートヒーターが標準装備されています。

トランクスペースは、580Lと十分な広さがあります。ゴルフバッグやベビーカーなどの荷物を積み込むことができます。

BMW X6(F16)のインテリアには、ナビゲーションシステムやオーディオシステム、シートヒーターなどが標準装備されています。また、オプションで、ヘッドアップディスプレイや電動サンルーフ(オプション装備)などが用意されています。

走行性能

BMW X6(F16)は、卓越した走行性能を誇るスポーツSUVです。そのパワフルなエンジンと先進的なテクノロジーが、驚くべきパフォーマンスと優れた操縦性を実現しています。

パフォーマンス面では、X6には高出力のエンジンが搭載されており、素早い加速と優れたトルクを提供します。さらに、最新の駆動方式やサスペンションシステムにより、安定したコーナリングや優れたハンドリングが実現されています。これにより、X6はスポーティなドライビング体験を約束します。

X6は、高度な駆動方式であるxDriveを採用しています。このシステムは、リアルタイムでトラクションを制御し、路面状況に応じて駆動力を最適に配分します。さらに、ダイナミックパフォーマンスコントロールシステムにより、内輪/外輪のトルク配分を制御し、優れた操縦安定性とコーナリング性能を提供します。

X6はまた、先進的なドライバーアシスタントシステムも装備しています。アクティブクルーズコントロールやレーンキープアシスト、衝突回避支援などの機能により、安全性と快適性を向上させます。これらのシステムは、ドライバーの負担を軽減し、長時間の運転でも疲れを感じさせません。

BMW X6(F16)の走行性能は、スポーティなドライビングを求めるユーザーにとって理想的な選択肢です。パワフルなエンジン、優れた操縦性、先進的なドライバーアシスタントシステムが組み合わさったX6は、ハイパフォーマンスと快適性を両立させた一台です。

安全性

BMW X6(F16)の安全性は、非常に高い評価を得ています。IIHS(米国道路安全保険協会)やEuro NCAP(欧州の安全評価機関)の衝突試験は実施されていませんが、プラットフォームを共有しているBMW X5(F15)が高評価の「5つ星」を獲得していることから、BMW X6(F16)も同等の衝突安全性を持っていると言えるでしょう。

BMW X6(F16)には、多くの安全支援システムが搭載されています。主な安全支援システムは以下の通りです。

・ アクティブ・クルーズ・コントロール
・ 衝突軽減ブレーキ
・ レーン・ディパーチャー・ウォーニング
・ ブラインド・スポット・モニタリング
・ 後方衝突警告システム
・ パーク・アシスト

これらの安全支援システムにより、BMW X6(F16)は、ドライバーの負担を軽減し、安全な運転をサポートします。

総合的に見て、BMW X6(F16)は、安全性の高いSUVです。IIHSやEuro NCAPの衝突試験で最高評価を獲得しており、多くの安全支援システムが搭載されていることから非常に安全性の高い車と言えます。

BMW X6 (F16)の故障は?

X6(F16)は、一般的にそこまで信頼性の高い車種とは言えません。特に、エアサスペンションの故障が多く報告されています。エアサスペンションは、車高を調整したり、乗り心地を向上させるために使用されるサスペンションですが、X6(F16)のエアサスペンションは、故障しやすいとされています。

エアサスの故障

エアサスペンションの故障は、車高が低下したり、乗り心地が悪くなったりする原因となります。エアサスペンションの修理費用は何本壊れるかによって異なりますが、数万円から数十万円かかる場合があります。4本すべて交換になった場合は100万円近い修理費がかかることは念頭に入れておきましょう。

オイル漏れの故障

オイル漏れの故障は、エンジンオイルやギアオイルなどのオイルが漏れる故障です。オイル漏れが起こると、エンジンやトランスミッションの故障につながる可能性があり、エンジン系統が不具合を起こすと数十万の修理費がかかります。ただし、メンテナンスである程度は防げる不具合なので、メンテナンスは怠らず、また、小まめにオイルは交換しましょう。

電気系統の故障

エアコンとかナビとかの故障です。故障個所によって修理費はまちまちですが、だいたい数万~数十万。電気系統の故障は正直防ぎようがないところがあるので、いつか不具合が起こるものと思っていたほうが良いです。(特にX6は高級SUVであり、ハイテク装備が多いので、電装系の不具合に当たる確率は低くありません、、)

関連記事

  1. 【VW】ティグアン(2008年~2016年式)を買おう【中古車選び】

  2. 【Audi】A7(2011〜2014年モデル)を買おう

  3. 【ベンツ】三代目Aクラス(W176)はどのグレードが買い?【車選び】

  4. 【BMW】BMW 1シリーズ(F20)(2011年~2019年式)を買おう【中古車選び】

  5. 【ベンツ】3代目Cクラス(2007~2014年式)を買おう【中古車選び】

  6. 【BMW】5世代目 3シリーズ(2005~2012年式)を買おう【中古車選び】実験