【自動車ローン】外車のローンについて【輸入車購入】

自動車ローンとは?

車は決して安い買い物ではありません。数百万、買う車によっては数千万のお金が必要になってきます。

  • 欲しい車があるけど手元にお金がない
  • 貯金はあるけど維持費や生活費の事を考えると、貯金をすべて使って車を買うのは怖い

なんてことはよくあります。そんな時に使うのが自動車ローン(オートローン)です

自動車ローンとは、金融機関(銀行)や車の販売店からお金を借りて車を購入し、借りたお金を分割して返していくといった購入方法です。簡単に言うと ”借金をして車を買う” ということです。

自動車ローンはお金を借りる行為なので、当然利息をつけて返さなければいけません。しかし、利息(金利)はお金を貸してくれる業者によって様々で、どこで自動車ローンを組むかによって最終的に支払う額が数十万単位で変わってきます。

この記事では自動車ローンの仕組みや、種類、おすすめの自動車ローンなどをご紹介していきたいと思います。

外車・中古車でもローンって組めるの?

高級外車でもローンで買えるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、高級外車でもローンで購入することは可能です。私は輸入車を買う時は基本的にローンで購入しています。輸入車の購入を検討するときにまず思うのは「カッコいいけど値段が高い」です。多くの人が値段だけを見て外車の購入を諦めてしまうのですが、各ディーラーが提供している”残価設定ローン”などを利用することで意外と安く輸入車を手に入れることができます。ちなみに、ランボルギーニやフェラーリなどの超高級外車であってもローンで購入することができます。なので、値段だけを見てすぐに諦めずによく調べてみましょう(輸入車の残価設定ローンについては後で詳しくご紹介します)。

また、「ローンで購入できるのは新車だけ」と思っている方もいると思いますが、中古車でもローンで購入することは全然可能です。中古の外車であれば学生や新卒の社会人であってもローンを使って購入することができます。予算に限りがあるけど外車が欲しいと思っている方は中古外車×ローンを検討してみましょう。

自動車ローンの種類

自動車ローンにはいくつか種類があります。代表的なものは以下の3つです。

  1. 金融機関(銀行系)の自動車ローン
  2. 販売店(ディーラー)のローン
  3. 販売店の残価設定ローン

この3つについて詳しくご説明していきます。

①金融機関(銀行系)の自動車ローン

金融機関が提供する自動車ローンとは、主に銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなどが提供している自動車専用のローンのことを指します。金融機関が提供する自動車ローンの特徴を以下にまとめました。

メリット
  • 金利が低い
  • 色々なプランがある
  • 車の名義・所有権を自分自身にできる
デメリット
  • 審査が厳しい
  • 手続きが面倒
  • 支店に出向く必要がある場合が多い
  • 手数料や保証料などの別途料金がかかる場合がある

ざっくりまとめるとこんな感じです。それではひとつひとつ詳しく解説していきます。

メリット①:金利が低い

金融機関が提供する自動車ローンの最大のメリットは金利が低いことです。

 銀行のローンとディーラーローンの金利(年利)はおおよそ以下の通りです。

・銀行系ローン:年利1.5~5.0%
・ディーラーローン:年利5.0%~

金利(年利)だけを見るとたった数パーセントの差と思うかもしれませんが最終的に支払う利息額は結構変わってきます。
一例として300万円のBMW 3シリーズを購入するケースを考えてみましょう。

商品名 バナナ リンゴ みかん オレンジ マンゴー
単価 100円 200円 150円 200円 300円
販売数 1000個 1500個 3000個 2000個 4000個
売り上げ 100,000円 300,000円 450,000円 400,000円 1200,000円
WEB販売 50% 50% 50% 50% 50%
コンビニ販売 50% 50% 50% 50% 50%

[table id=5 /]

おすすめの三番目はA250 SPORT 4MATICです。A250はA18とは異なり、エンジンは2リッター4気筒ターボで最高出力は211馬力。更にサスペンション、ブレーキに至るまでAMGの手が加えられています。発売初期のモデル(2012年~2014年)はFFでしたが、2015年~のモデルはフルタイム4WD(4MATIC)となっています。内装及び外装はA180 スポーツと同じくAMGのエアロ、アルミホイール、レザーDAINAMICAを標準装備し、スポーティな見た目に仕上がっています。気になる乗り味ですが、1.6リッター直4ターボ(122馬力)のA180・A180スポーツと比べると2リッターターボのエンジンは少しパワフルに感じられます。また、4四輪駆動が地面をべったり捉えて路面を食って走るような感覚が伝わってきました。A45AMGが持つAMG特有のピュアスポーツ感まではないですが、メルセデスらしいがっしりとした走りが味わえるモデルだと思います。あと個人的にかなり気になったのがエンジンサウンドで、これはかなり良いと感じました。A250 SPORT 4MATICは運転していてかなり楽しく、ちょっとしたスポーツカーを運転している気分に浸れました。運転を少しでも楽しみたいと思う人にはベストな1台なのかなと感じました。ただし、値段は少し高めで中古で本体価格が300万円ほど。まあ新車で500万円を超えるモデルなので、妥当な価格といえば妥当ですが…300万円だと他のクラスも十分狙える価格ですので、Aクラスに拘らなくてもと個人的には思います。ただA250 SPORT 4MATICは三代目Aクラスの中では最も面白いモデル(A45AMGを除く)なので、移動手段としてだけでなくドライブも楽しみたいと思う方にはおすすめのモデルです。

三代目Aクラス(W176)の維持費は??

基本維持費

[table id=3  responsive=”scroll” /]

上の表は三代目Aクラスの基本維持費になります。基本維持費とは税金や車検代などその車を所有する以上絶対に支払わなくてはいけない費用のことです。自動車税は二年に一回(原則一括払いだが場合によっては分割も可)で5月までに支払います。また、車検も二年に一回車検代として重量税+自賠責保険+印紙代+車検基本料を支払います(車検代も分割払い可能)。車検にかかる費用の内法定費用(重量税,自賠責保険,印紙代)はどこに車検を頼んでも変わりませんが、車検基本料は車検をお願いする業者によって大きく異なってくるので気をつけましょう。基本維持費は年間換算にすると121,515円ですが、ひと月に払う金額に換算すると10,250円とそこまで高くはありません。ちなみに輸入車だからといって税金などが特別高くなるわけではありません。タイヤ交換代に関しては乗り方によって変わってきます。Aクラスは高級なタイヤの装着を必要としないので、街乗りなら上の表の通りです。しかし、サーキットでの運転などをするとタイヤの消耗は早くなるので、交換のスパンは短くなってしまいます。
また、注意して欲しいのが、上の表の金額は基本維持費の最低金額であって車検時の点検で何か不備が見つかって部品交換をすることになると、追加で交換部品代(整備料金)を支払わなくてはいけません。何も異常がなければ交換部品なしで0円ですが、エンジンオイルやブレーキフルード,オイルフィルター,ブレーキパッドなどの消耗品の交換は必要になってくるので経験上30,000円くらいは交換部品代で車検代に上乗せされます。しかし、これも業者によっては社外品やOEM品を使ってかなり安く交換してくれところもあります。

変動維持費

[table id=4 responsive=scroll /]

続いて三代目Aクラスの変動維持費です。変動維持費とは駐車場代や保険料など車を所有する人の環境や乗り方によって変化する維持費の事です。変動維持費の中で大きな割合を占めるのは駐車代と自動車ローンです。駐車代に関してはピンキリで都内で所有するには15,000円~50,000円で郊外や戸建ての場合0~10,000円といったところでしょう。自動車ローンに関しては頭金の額やボーナス月の返済額によって月々の支払額が大きく異なってきます。ローンを組まずに一括で購入してしまえばローンは0円だし、頭金を多く払えばその分月々の返済額は安くなります。表の通りだと頭金に700,000円かつボーナス返済200,000円で月々の支払額は21,000円になります。
また、任意保険ですが保険会社やプランによって額が異なってきますが、任意保険料の大小を一番大きく左右させるのは”車両保険を付けるか付けないか”です。正直なことを言ってしまうと車両保険は付けるに越したことはありません(新車なら絶対につけます)。しかし、保険は掛け捨て(何も起こらない限り損)であり私の場合はなるべく維持費は安く抑えたいので中古車の場合は(車種によりますが)車両保険を付けないことが多いです。どうしても心配な方はエコノミープランなどの車両保険に加入することをお勧めします。

三代目Aクラス(W176)の故障は??

続いて三代目Aクラスの変動維持費です。変動維持費とは駐車場代や保険料など車を所有する人の環境や乗り方によって変化する維持費の事です。変動維持費の中で大きな割合を占めるのは駐車代と自動車ローンです。駐車代に関してはピンキリで都内で所有するには15,000円~50,000円で郊外や戸建ての場合0~10,000円といったところでしょう。自動車ローンに関しては頭金の額やボーナス月の返済額によって月々の支払額が大きく異なってきます。ローンを組まずに一括で購入してしまえばローンは0円だし、頭金を多く払えばその分月々の返済額は安くなります。表の通りだと頭金に700,000円かつボーナス返済200,000円で月々の支払額は21,000円になります。
また、任意保険ですが保険会社やプランによって額が異なってきますが、任意保険料の大小を一番大きく左右させるのは”車両保険を付けるか付けないか”です。正直なことを言ってしまうと車両保険は付けるに越したことはありません(新車なら絶対につけます)。しかし、保険は掛け捨て(何も起こらない限り損)であり私の場合はなるべく維持費は安く抑えたいので中古車の場合は(車種によりますが)車両保険を付けないことが多いです。どうしても心配な方はエコノミープランなどの車両保険に加入することをお勧めします。

自動車ローンの種類

自動車ローンにはいくつか種類があります。代表的なものは以下の3つです。

  1. 金融機関の自動車ローン
  2. 販売店(ディーラー)のローン
  3. 販売店の残価設定ローン

この3つについて詳しくご説明していきます。

オススメNo3はA250 SPORT 4MATIC

関連記事

  1. 新型911 GT3 ニュルブルクリンク北コースで7分を切る

  2. BMWがi4を公開 パワーは最高で530馬力

  3. 【Car news】ロールスロイス最後のV12クーペ 「レイス ブラックアロー」

  4. 【Car news】Ferrari プロサングエは最強のSUVか?

  5. 新型Mモデルに搭載されたMボタンは設定を自由に変更できる

  6. 新型Maybach S580の本体価格は約2000万円からか

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。