【Car news】高級車のツートンカラーは超高額オプションだった

  100万円以上の高級オプション

マイバッハやロールスロイスの様な超高級外車で必ず用意されているオプションである「ツートンカラー」。私もマイバッハを新車で買うなら絶対にツートンにしたい派だが、実はかなりの高額オプションである。ロールスロイスだと100万円、現行のマイバッハの場合は230万円もする。車の色だけで国産車が買えてしまう値段である。ツートンカラーは目立つし、高級感も格段に増すので魅力的なオプションだがちょっと高すぎる。

  なぜここまで高額なのか?

2色にペイントするだけでなぜこれほど高額なのか?そもそも、単色でも高級車の場合は高価な塗料を使っているというのも高額になるの原因の1つだが、一番の要因はその塗装方法にある。単色の場合、ある程度はロボットによる自動塗装で済むのだが、ツートンカラーの場合は1色目を自動で塗装した後、「マスキング」という工程がある。マスキングとは2色目が塗装される部分以外をテープで保護する作業で、2色目を塗装した後にこのテープを剥がすとツートンになるという仕組みである。マスキング作業は手作業で行っている場合が多く非常に手間のかかる作業で、当然、単色に比べ塗装の工程も多くなる。この工程の手間の多さこそが高額であることの原因。 上手いこと自動でツートンに塗装できる仕組みが編み出されればもっと安くなるんでしょうね。自分だったら単色で買ってラッピングするかな。ツートンは好きじゃない人もいるのでリセール落ちちゃいそうだし。。でも、ラッピングも結構なお値段しそう(+_+)

関連記事

  1. 【Car news】アウディ、2025年までに10車種以上のEVモデルを投入予定

  2. 【Car news】ロールスロイス最後のV12クーペ 「レイス ブラックアロー」

  3. BMWがi4を公開 パワーは最高で530馬力

  4. 【Car news】アストンV12 SpeedsterのDBR1仕様が登場

  5. BMWがグリルを大きくするには理由があった

  6. 【Car news】Ferrari プロサングエは最強のSUVか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。