BMWがi4を公開 パワーは最高で530馬力

・高性能4ドアEVの登場

2021年3月17日にBMWは新たな電気自動車BMW i4を公開した。コンパクトピュアEVのi3、スポーツカーPHEVのi8に次いで、i4は4ドアセダンのピュアEV(完全電気自動車)である。BMWの役員Pieter Nota氏は「スポーティなルックス、クラス最高のドライビングダイナミクス、ゼロエミッションを兼ね備えた真のBMWである」と述べている。

・デザインはまさに4シリーズのEV版

見た目は4シリーズと同じ普通の4ドアセダン。しかし、グリル、サイドスカート、リアフェンダーにブルーのアクセントが入り、EV感を強調したデザインになっている。この辺はi3やi8と同じく近未来を感じさせるデザイン。

フロントグリルは新型M4などに採用されているドでかいキドニーグリル。遠くからでもBMWであることがわかる。

・最高出力は500馬力オーバー

詳細は今後数週間で公開される予定だが、複数のグレードが用意される模様である。現段階での公開情報では最高出力530馬力、0−100km/hが約4秒のグレードもラインアップされるとのこと(おそらくMモデルだと思われる)。

関連記事

  1. 【Car news】Ferrari プロサングエは最強のSUVか?

  2. 走るプラネタリウム!ロールスロイス ファントム Tempus Collection

  3. Mercedesが誇る高級オプション「Designo」とは?

  4. JaguarがBentleyと競うため、新型EVを3台発売へ

  5. 【Car news】上海モーターショーに特別仕様のロールスロイスが登場

  6. 【Car news】アウディ、2025年までに10車種以上のEVモデルを投入予定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。