5代目MINIクーパーS クラブマン(2015 – 2019)

5代目 MINI クーパー クラブマンとは?

MINIクーパー クラブマン (2016 – 2019)は、MINIのワゴンタイプの車です。2016年に5代目として発売され、2019年に6代目へとモデルチェンジされました。先代から一回り大きくなり、広い室内空間と使い勝手の良さが特徴です。また、MINIらしい走りの楽しさも健在です。

MINI クーパー クラブマンの歴史は、1969年に発売された初代MINIから始まります。初代MINI クラブマンは、MINIのワゴンタイプの車で、当時としては珍しい観音開きのドアを採用していました。1982年には2代目、1996年には3代目が発売されました。3代目は、MINIのデザインアイコンである丸型ヘッドライトが採用されました。2007年には4代目が発売され、2015年には5代目へとモデルチェンジされました。5代目は、MINIのデザインが大きく変更され、よりモダンなスタイルになりました。

5代目 MINIクーパー クラブマンの特徴は、広い室内空間と使い勝手の良さです。先代から一回り大きくなり、後部座席の足元や荷室のスペースが広くなりました。トランクには観音開きのドアを採用しているので、荷物の積み下ろしを楽に行うことができます。

5代目 MINIクーパー クラブマンは、MINIらしい走りの楽しさも健在です。コンパクトなボディにパワフルなエンジンを搭載し、キビキビとした走りを実現しています。また、ハンドリングも軽快で、アクティブなドライビングを楽しむことができます。

5代目 MINIクーパー クラブマンは、先代から一回り大きくなり、広い室内空間と使い勝手の良さが向上しただけでなく、デザインも大きく変更され、よりモダンなスタイルになりました。さらに、先代に搭載されていたエンジンに加えて、新しくディーゼルエンジンが追加されました。

今回、ベースグレードのクーパークラブマンからエンジン、サスペンション、ブレーキ周りがスポーツ仕様に強化されたクーパーS クラブマンについてご紹介していきます。5代目MINI クーパーS クラブマンの中古車市場は、比較的活況です。2019年にモデルチェンジされたため、まだ新しい車が多く、走行距離も短いものが多いです。また、先代に比べて価格も安価で、状態の良い個体でも250万円がボリュームゾーンとなっているので、MINIを中古車で購入したい方にはおすすめの車です。

5代目 MINIクーパーS クラブマンを詳しく見ていこう

スペック

グレード名 排気量 エンジン 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式 燃費 新車価格
クーパーS Clubman 2.0L 直列4気筒DOHCターボ 192ps/280Nm 8速AT FF 15.2km/L 3,990,000円
クーパーS Clubman オール4 2.0L 直列4気筒DOHCターボ 192kW/300Nm 8速AT 四輪駆動 12.5km/L 4,550,000円

クーパーSグレードは、ベースグレードのクーパークラブマンより、エンジン出力がアップしています。(参考までにベースグレードの5代目MINIクーパー クラブマンのスペックを以下に載せておきます)

グレード名 排気量 エンジン 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式 燃費 新車価格
クーパー クラブマン 1.5L 直列3気筒ターボ 136ps/220Nm 6AT FF 18.0km/L 2,990,000円

また、サスペンションやブレーキも強化されており、よりスポーティーな走りを実現しています。さらに、クーパーSグレードには、標準で17インチのアルミホイールやスポーツシートが装備されています。また、駆動方式はFFタイプと4輪駆動対応の2種類から選べます。

エクステリア

5代目 MINIクーパーS Clubmanのエクステリアは、特徴的なデザインとユニークな要素が融合した魅力的な外観を持っています。全体的な見た目の特徴として、クーパーS Clubmanはコンパクトながらも力強いプロポーションを備えています。全長は約4,253 mm、全幅は約1,800 mm、全高は約1,441 mmとなっており、コンパクトなサイズながらも存在感を放つスタイリングが特徴です。

フロントフェイスはMINIのアイコニックなデザイン要素が際立っています。大きなヘッドライトと六角形のグリルが特徴的であり、MINIブランドの特徴をしっかりと引き継いでいます。また、エアインテークと組み合わされたバンパーはスポーティな印象を与えます。

横から見ると、クーパーS Clubmanの特徴的な要素が見えてきます。スプリットドアと呼ばれる2つのサイドドアが特徴的であり、乗降性と荷物の積載能力を高めています。また、ルーフラインはスポーティな傾斜を持ち、ダイナミックな印象を与えます。

リアビューはMINIらしい個性的なデザインが目を引きます。ユニークなテイルライトデザインやセンターエグジットのデュアルエキゾーストなど、他の車種とは一線を画したデザイン要素が際立っています。また、トランクゲートは観音開き式になっており、楽に荷物の積み下ろしができるようになっています。

クーパーSクラブマンは、ベースグレードのクーパークラブマンよりもスポーティなデザインのフロントバンパー、グリル、サイドスカート、リアバンパー、マフラーが装着されています。また、クーパーSクラブマンは、クーパークラブマンよりも大径のホイールが装着されています。

インテリア

5代目MINI クーパーS クラブマンのインテリアは、MINIの伝統的なデザインを継承しつつ、現代的な要素を取り入れた洗練された空間となっています。 全体的な見た目の特徴としては、水平基調のデザインが採用されており、広々とした室内空間が印象的です。また、インテリアには高品質な素材が使用されており、上質な雰囲気が漂っています。

運転席は、コックピット感覚のレイアウトとなっており、スポーティな走りを楽しみながら運転することができます。また、後部座席は、足元や頭上空間が十分に確保されており、大人でも快適に座ることができます。

トランクスペースは、520Lと十分な広さがあり、荷物が多い場合でも安心です。

インテリアの装備としては、8.8インチのタッチスクリーンディスプレイが標準装備されており、オーディオシステムやナビゲーションシステムの操作が簡単に行えます。また、シートヒーターやサンルーフなどのオプションも用意されています。

5代目MINI クーパーS クラブマンのインテリアは、MINIの伝統的なデザインと現代的な要素を融合させた、洗練された空間となっています。広々とした室内空間、スポーティな運転席、十分な広さのトランクスペースなど、快適なドライブを楽しめるインテリアです。

走行性能

5代目MINI クーパーS クラブマンは、MINIのワゴン型モデルです。コンパクトなボディながらも、パワフルなエンジンと俊敏なハンドリングを実現しています。

乗り心地は、硬めの設定ながらも、路面の凹凸をうまくいなしてくれるので、快適なドライブを楽しむことができます。街乗りでは、小回りが効きやすく、狭い道でも難なく走行することができます。高速走行では、安定性が高く、高速道路でも快適に走行することができます。

スポーツ走行では、エンジンの力強さとハンドリングの俊敏性が活き、気持ちよく走ることができます。エンジンサウンドも心地よく、走る楽しさを味わうことができます。

総合的に、5代目MINI クーパーS クラブマンは、走行性能に優れたワゴン型モデルです。コンパクトなボディながらも、パワフルなエンジンと俊敏なハンドリングを実現しているので、街乗りからスポーツ走行まで、幅広いシーンで活躍する車です。

実用性と運転する楽しさの両方をお求めの方は、ベースグレードのクーパー クラブマンよりもクーパーS クラブマンをおすすめします。

安全性

5代目MINI クーパーS クラブマンは、米国道路安全保険協会(IIHS)の「トップセーフティピクニック」を受賞し、欧州新車アセスメントプログラム(EuroNCAP)の「最高評価」を獲得しています。 IIHSのテストでは、正面衝突、側面衝突、屋根強度、頭部保護、足部保護の5つのカテゴリーですべて最高評価を獲得しました。EuroNCAPのテストでは、正面衝突、側面衝突、後部衝突、歩行者保護の4つのカテゴリーですべて最高評価を獲得しました。

5代目MINI クーパーS クラブマンには、以下の安全支援システムが搭載されています。
・歩行者検知自動緊急ブレーキ
・車線逸脱警報
・レーンキープアシスト
・アダプティブクルーズコントロール

などの安全支援システムが標準装備されています。これらの安全支援システムは、ドライバーの運転をサポートし、事故のリスクを軽減します。 

5代目MINI クーパーS クラブマンの故障は?

5代目MINIクーパーS クラブマンは、一般的に信頼性の高い車種ですが、いくつかの故障が報告されています。故障を未然に防ぐためには、定期的な点検と整備が重要です。

エンジンオイル漏れ

エンジンオイル漏れは、クーパーS クラブマンに搭載されているターボエンジン特有の故障です。エンジンオイルの量を定期的に確認し、必要に応じて補充することを怠らないようにしましょう。
修理は、エンジンオイルの量を補充し、場合によってはオイルパンガスケットやオイルクーラーの交換が必要になります。修理費用は、約10,000円から20,000円程度です。

エアコン不良

エアコン不良は、クーパーS クラブマンに搭載されているオートエアコンによくある故障です。エアコンの効きが悪くなった場合は、エアコンガスの補充やコンプレッサーの交換が必要になり、修理費用は、約30,000円から50,000円程度です。

サスペンション関連の故障

5代目クーパーS クラブマンのサスペンションに関連した故障も時折報告されます。サスペンションブッシュやダンパーの劣化や不具合が原因です。修理では、故障部品の交換やセッティングが行われます。修理費用は交換部品や修理範囲によって異なりますが、50,000円から200,000円程度かかります。

関連記事

  1. ベンツ 3代目Aクラス(W176)のおすすめグレードは?

  2. メルセデス・ベンツ CLA180(C117)

  3. 【Audi】A7(2011〜2014年モデル)を買おう

  4. 【VW】GOLF を買おう【中古車選び】

  5. 【中古車】VW 8代目ゴルフの購入を考える

  6. 【中古車】ベンツ 初代CLSの購入を考える